• heartandbrain

【村上社長へのインタビュー記事①】ハートアンドブレインの会社紹介

今回は村上社長へのインタビュー記事です。


テーマは、ハートアンドブレインの会社紹介で、社長自ら熱い思いを語っていただきました!


少しでも弊社がどのような会社であるか、伝われば幸いです。以下、掲載いたします。



■会社の設営経緯を教えて下さい。

会社は21年前に創業しました。その前は、会社を買って育てて売却するプライベートエクイティの仕事をニューヨークでしていました。その後、日本に戻ってから、雇用創出できる企業が増えると日本は豊かになると仕事仲間と話をするようになり、実際にそういう企業を作るために仲間と共に法人を設立しました。


■事業内容についても教えて下さい。

一言でいえば、企業のトップライン(売上)を上げる事業を展開しております。売上を上げていく上で必要なあらゆることを行ってきており、支援企業様には、実際にどれくらい売り上げがアップしたかで評価していただき、今に至ります。


■具体的にお客さまの支援としてどんなことをされてきましたか?

例えば、日本企業の不良債権が問題となっていた時期には、産業再生機構からの依頼で、企業のV字再生プランの設計を行っていました。設立当初はIPO支援をメインに活動していたのですが、上場後の売上低下に悩む企業様から、売上の立て直し依頼が舞い込むようになり、徐々に営業力強化の業務が増えていきました。

その中には、営業力に定評のある東証一部上場企業で12年以上継続支援させていただいている会社もございます。このように、企業のトップラインの強化、営業マン育成に関するお仕事を今は多く担当させていただいております。


■今後の事業展開について教えて下さい。

3つあります。まず1つはセールスイネーブルメントです。今まで組織は、営業部だけに顧客満足度維持や売上に責任を持たせてきましたが、今やその時代は終わり、むしろ全社的に顧客価値と売上向上を目指していく時代になりました。そういった組織と人材を育成していくことに注力していきます。

2つ目は組織営業のDX化です。今までのようなドブ板の営業は時代遅れなものになりました。北米を中心にMA、SFA、CRMの3つを活用したデジタル営業へのシフトしており、そのうちの一部は日本国内でもサービス提供を始めています。テクノロジーに詳しい企業とも連携しながら営業組織の変革にも注力していきます。

3つ目は、個のパフォーマンス向上です。日本の産業構造として今や個の力の再生が求められています。そのために法人向けに提供してきたコンテンツを個人に提供し、個の力の底上げを目指していきます。


■今度は個人向けのビジネスにも参画されるのですね。

はい、ビジネスのあり方、仕事と個人との関係性を未来型に変えていくことが日本社会の大きな課題だと考えており、そのために個人向け支援にもハートアンドブレインとして取り組んでいきます。 

業務契約書で型をきっちり決めて仕事をするような働き方ではなく、これからは個が軸になり、その個から仕事が展開されるような働き方、例えば、困っている人を見つけた人がリーダーになって様々なリソースを集め、望ましい未来に向けて変えていくようなプロジェクト型の仕事の仕方に変わっていきます。 

そのような働き方になれば、仕事の速度が上がりますし、仕事を通じてお金を稼げるだけでなく、仕事を通じて自己実現できる時代になっていくことでしょう。そのために弊社としても尽力していく所存です。


77回の閲覧