• heartandbrain

【村上社長へのインタビュー記事②】バーベルカレッジのご紹介

今回は村上社長への2つ目のインタビュー記事を掲載いたします。


テーマは、この度新たにリリースした「バーベルカレッジ」です。今まで法人ビジネス100%のハートアンドブレインがなぜ個人向けビジネスに参入したのか、という点についてもインタビューしていますので、ぜひご覧ください。



■そもそも「バーベル」とはどんな意味ですか?

バーベルとは金融用語からきています。1つの金融商品を保有すると、リスクが1つに集中してしまい、予測不可能な事態に対処しづらいです。そこで、複数の金融商品を保有しリスク分散させるポートフォリオを目指す投資手法がバーベル戦略です。

これは事業を行うときも同様です。コロナ禍で「まさか」の事態が日常化しており、その速度は日に日に増しており、1つの事業にかけているあまり、会社が倒産し八方ふさがりになるのを防ぐ必要があります。そして個人の働き方にもバーベルの発想、つまり、1つの働き方以外も模索する時代になってきていると考えております。


■バーベルカレッジはどんなサービスですか?

バーベルカレッジでは、ミッション、バリュー、ビジョンをきっちり腹に落とすということをやっていきます。起業するときは、覚悟を決めるマインドセットが重要です。それがないと、「うまくいくからやる」、「うまくいかないからやらない」という思考になってしまい、「うまくいくことしかできなくなる」人生になってしまいます。

それに加えて、インキュベーション、いわば、「ひよこが卵の殻を破る」ということを体系化されたプログラムも教えていきます。北米ではスタートアップ向けに体系化され教えられているものがあるのですが、これを基にして、始める前に紙の上でシミュレーションして失敗しながらトレーニングしていきます。


■どんな方を対象にしていますか?

転職やセカンドキャリア始まっている方ではなく、組織の中で頑張っている人、「会社を放り投げて自分のことだけ考えることはできない」と考えているような方です。そのような方が組織の中で頑張りながら、新しい自分の可能性についてビジネスを通じて広げていくお手伝いをしていきたいと考えています。


■他の副業プログラムとの違いは何ですか?

すでに世の中にある様々な副業プログラムは、個人向けのフォローアップを前提にしたプログラムです。一方で、弊社のプログラムは、企業が事業に成功するためのノウハウをプログラムの基にしています。それにより、個人的成功だけでなくビジョン実現までも目指すプログラムです。

事業に、必ずしも必要ないと思われがちですが、人の役に立ちたいという思い、「マーケッター思考」が実は大事です。こういった思考がなく儲かるなら何でもいいと考えている人は弊社のプログラムには向いていないと考えています。

実物経済から金融経済になり、次に時代は「精神経済」が到来すると私は考えています、いわば、「人の心を満たす時代」の到来です。「心がきれいであること」が副業を考える際の前提です。人の役に立ちたいという思いを持ち、こころも磨きながら、新しい時代のために自分がどんな人助けができるか、そのために新しい自分の可能性を見つけていくということに興味関心のある方にぜひ受講していただきたいです。

■お申込はどのようにすればよろしいですか?

ハートアンドブレインの公式HPからバーベルカレッジのお申込ができます。SERVICEの項目に「副業兼業で稼ぐ!バーベルカレッジ」という項目がございますので、こちらから内容をご覧いただき、まずは説明会にお申込いただければ幸いです。


リンク先URL:https://is.gd/7CtTUO


42回の閲覧